2021-03-05

浴室板張りの壁、カビ除去【自分でできる】

浴室の壁を水に強いヒバの板張りにしても、黒カビが発生してしまいます。もちろん、保護塗料が塗っていることもあり、表面からではなく切断面(小口)から表面に現れます。この黒カビが取り切れない。いろいろな除去剤を使ってみたけど、その中で満足できた物は「黒木真白(茂木和哉(株))」。粉末状で水に溶かして筆で塗り、ラップした後、カビが消えた事を確認し水で流す。簡単で効果がありました。その後、乾いたら浸透性保護防汚剤「木肌一番エコ((株)ミヤキ)」をカビが発生した小口部分含め塗ります。「木肌一番エコ」を小量でネット購入できる大橋塗料(株)をよく使っています。
作業は誰でも難しいことなくできます。木の使用年数や状態の違いで変色する場合もあるので、目立たない所で試してから塗って下さい。

関連記事

    関連記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です