2021-05-06

リフォームで必ずおこなう塗装について

インスペクション(住宅診断)をおこなっています。今回は築年数が経過した住宅メーカーの軽量鉄骨造でした。オリジナルの材料等を使用している型式認定をとっている独自工法。特に塗装のリフォームには注意しなければなりません。元々外壁パネルに施されている塗装に対応した塗料である必要があります。また、シャッターボックスなどの塩ビ鋼板は、皮膜がされているので見極めが必要です。新築引き渡し時にどんな材料や塗料が使われているか、一覧でわかるようにしておくとリフォーム時に間違い(浮きや剥がれ)がおこらないでしょう。

外壁表面の塗装経年劣化 チョーキング(塗料の顔料がチョークのような粉状になって現れる)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です